予防歯科予防歯科

予防歯科

歯科イメージ虫歯を繰り返したり重度の歯周病になってしまって大事な歯を失わないためにも「むし歯の予防」はとても大切です。効果の高い歯磨き方法、フッ素塗布やシーラントなどの予防処置、クリーニングを兼ねた定期健診。不具合が生じる前に通院することにより、回数・時間がかからず、痛みを伴わない快適な処置のみで健康が維持できます。

また、治療を行った歯が再びトラブルを起こさないためにも予防歯科は重要です。定期的なメインテナンスによって、より長期間にわたって治療部分を良い状態に保ちます。

大切なお子様の歯を守るために

子どもの成長が嬉しい反面、気がかりなことや心配なことも沢山出てくるかと思います。それは歯についても同様で、私も保護者の皆様から色々な質問を受けています。

歯科治療は年々発達しており、今や正しい歯の知識を得て子どもの健康な歯を守るのは親としての役割となりつつあります。こちらをお読みいただき、お子様と共に健康で充実した食生活を送っていただければと思います。

生え変わりの時期にやっておきたいこと

お子様の歯を守るイメージ子どもによって個人差はありますが、6歳頃から12歳頃にかけて顎が成長し、乳歯から永久歯へ生え変わっていきます。

はじめに生える永久歯を6歳臼歯、最後に生える永久歯を12歳臼歯と呼びます。この時期に特に力を入れておきたいことは、以下の3つです。

THING
01
虫歯の予防
虫歯の予防

生えたばかりの歯の表面は粗く汚れがつきやすい状態で、酸に対しても十分な抵抗力がないため虫歯になりやすいです。フッ素塗布などで早期から虫歯予防を行うのが効果的です。

生えたばかりの歯の表面は粗く汚れがつきやすい状態で、酸に対しても十分な抵抗力がないため虫歯になりやすいです。フッ素塗布などで早期から虫歯予防を行うのが効果的です。

THING
02
虫歯の治療イメージ
虫歯の治療

永久歯は乳歯の下で成長しています。「いずれ永久歯に生え変わるから」といって乳歯の虫歯を放置すると、その後生えてくる永久歯の歯質や歯並びに悪影響を及ぼします。

永久歯は乳歯の下で成長しています。「いずれ永久歯に生え変わるから」といって乳歯の虫歯を放置すると、その後生えてくる永久歯の歯質や歯並びに悪影響を及ぼします。

THING
03
お口の中のケアイメージ
お口の中のケア

生え変わりの時期の歯並びは凸凹していて歯が磨きづらく、虫歯の原因を作ってしまいがちです。保護者の協力のもとで歯磨きを行って、お口の健康を保ってあげましょう。

生え変わりの時期の歯並びは凸凹していて歯が磨きづらく、虫歯の原因を作ってしまいがちです。保護者の協力のもとで歯磨きを行って、お口の健康を保ってあげましょう。

定期健診のすすめ

歯科イメージ歯磨きが上手にできていても、見えない部分には知らない間に歯垢が溜まっていきます。それを定期的に除去し、お口の中を健康に保つ方法の一つとして、歯医者さんでの定期健診をおすすめします。

定期検診では虫歯の有無・歯の生え変わりが順調に進んでいるかのチェック・歯並びに悪い影響を及ぼす因子の有無などお子様の成長に伴うお口の変化も確認できます。お子様の歯を診るだけでなく、保護者の皆様からのお悩みや口腔ケアのご相談もお受けします!

フッ素について

フッ素塗布フッ素には歯の成分を「フルオロアパタイト」という虫歯になりにくい性質を持つ結晶に変える働きがあります。歯の再石灰化の促進と初期の虫歯の進行を抑制し、歯の表面を強くしてくれます。

シーラントについて

シーラントシーラントは磨きづらく虫歯になりやすい歯の溝や歯と歯の間を埋めて、虫歯菌の侵入口を塞いで虫歯を予防するものです。乳歯や永久歯が生えて3~4年の間に、奥歯の溝が深い子どもが受けると効果的です。

歯磨きワンポイントアドバイス


まずはリラックス

歯みがき一生懸命に磨こうとする余り、ゴシゴシと強過ぎる力で磨いてしまっているということがあります。その結果、お子さんの場合は歯磨きは痛くて怖いというイメージを持ってしまいます。
まずは親子ともにリラックスするようにしましょう。無理やりするより、奥まで楽に磨くことができます。お子さんの動きと呼吸に合わせ、力が抜けたときにすかさず磨くのがコツです。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシ歯ブラシは鉛筆を持つようにして持ってください。そうすると自然と力が抜け、ちょうど良い力で磨くことができます。

歯ブラシの動かし方

歯みがき歯ブラシを歯と歯茎の間に45度程度の角度であて、細かく動かします。歯ブラシが1mm位の幅を往復するようなイメージで磨くと磨き残しもすくなく、心地よいはずです。
虫歯のできやすいところを重点的に上下の奥歯の噛み合わせの部分、歯と歯の間、歯と歯茎の境目が虫歯になりやすいと覚えておくとよいでしょう。

1歳
まで
幼児前期(1歳まで)の歯磨き
幼児前期(1歳まで)
の歯磨き

お子様が自分自身で歯を磨けるようになるまでは、歯磨きは保護者が膝に仰向けに寝かせて行います。寝返りをしてしまう場合は、保護者の両足を伸ばしてその間にお子様を寝かせましょう。
歯ブラシが持てるようになるのは1歳を過ぎてからですので、それまでは綿棒やガーゼを使用します。この時期の虫歯予防は保護者が主体となり、お口の清掃や歯磨きの習慣化を行っていきます。

お子様が自分自身で歯を磨けるようになるまでは、歯磨きは保護者が膝に仰向けに寝かせて行います。寝返りをしてしまう場合は、保護者の両足を伸ばしてその間にお子様を寝かせましょう。

歯ブラシが持てるようになるのは1歳を過ぎてからですので、それまでは綿棒やガーゼを使用します。この時期の虫歯予防は保護者が主体となり、お口の清掃や歯磨きの習慣化を行っていきます。

1〜3
歳ころ
幼児後期(1~3歳ころ)の歯磨き
幼児後期(1~3歳ころ)
の歯磨き

前歯が何本か生えてくる1歳の時期は、離乳食も終わりに近づき色々なものを食べるようになってきます。その分プラーク(歯垢)がつきやすくなりますので、歯磨きを癖付けていくことが重要です。

小さいうちは歯ブラシを怖がる子やじっとしていられない子が多いので、優しく細かく磨いていきましょう。歯ブラシを持たない方の手はしっかりと固定し、お子様の顎や頭を支えるようにすると、優しく磨きやすくなります。

前歯が何本か生えてくる1歳の時期は、離乳食も終わりに近づき色々なものを食べるようになってきます。その分プラーク(歯垢)がつきやすくなりますので、歯磨きを癖付けていくことが重要です。
小さいうちは歯ブラシを怖がる子やじっとしていられない子が多いので、優しく細かく磨いていきましょう。歯ブラシを持たない方の手はしっかりと固定し、お子様の顎や頭を支えるようにすると、優しく磨きやすくなります。

お子様の歯の上手な磨き方
  • 前歯を磨く時は、歯ブラシを縦にして小刻みに動かす
  • 歯の裏側は、機嫌の良い時に仰向けに寝かせると磨きやすい
  • 奥歯は人差し指で頬を広げ、見える状態で磨く
  • 最後のうがいは保護者がお手本を見せ、真似をさせる
6~12
歳ころ
幼児後期(1~3歳ころ)の歯磨き
生え変わり期
(6~12歳ころ)の歯磨き

この時期は乳歯と永久歯が混在しており、歯並びが凸凹していて歯の高さも不揃いなため、一生の中でも歯磨きが難しい時期と言われています。また、生えたての永久歯は抵抗力が弱く、虫歯にもなりやすいです。

まだまだ一人では上手に歯を磨くことができないのできちんと磨けているか保護者のチェックが必要です。歯磨きが嫌いになってしまうと口腔環境にも影響を与えますので、上手に磨けていたら褒めてあげましょう。

この時期は乳歯と永久歯が混在しており、歯並びが凸凹していて歯の高さも不揃いなため、一生の中でも歯磨きが難しい時期と言われています。また、生えたての永久歯は抵抗力が弱く、虫歯にもなりやすいです。

まだまだ一人では上手に歯を磨くことができないのできちんと磨けているか保護者のチェックが必要です。歯磨きが嫌いになってしまうと口腔環境にも影響を与えますので、上手に磨けていたら褒めてあげましょう。

歯磨きで気を付けたいポイント
  • 歯並びが凸凹の部分は、歯ブラシを縦にして細かく上下に動かす
  • 歯の裏側は、機嫌の良い時に仰向けに寝かせると磨きやすい
  • 完全に生えていない背が低い奥歯は、歯ブラシを斜め45℃にあてて小さく磨く
  • 歯ブラシの毛先が曲がってきたら、新しい歯ブラシに交換する

【診療時間】 10:00~13:00/14:30~19:30
※土・日曜日 10:00~13:00/14:00〜18:00

【診療時間】 10:00~13:00/14:30~19:30
※土・日曜日 10:00~13:00/14:00〜18:00

お問い合わせ

アクセス・医院情報

三ツ境駅前スマイル歯科
〒246-0022 神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境8-6
TEL 045-369-1182

医院スケジュール表

※ 休診日は、祭日・祝日となります。
最終受付は、診療終了時間の30分前となります。